たりぃさんの山旅

山旅を愛するたりぃさんが超軽量の道具とITガジェットを使って奥深い山域を旅します。

vivomove style v3.40レビュー - 小改善が続きます今回も小改善(Swim/Stability)

どうもみなさまお久しぶりです。

たりぃさんもいろいろ生活の変化がありブログ機会も減少していますが、一番困っているのは山に行く機会が激減した事です。いや、ほぼないですね。例年なら7月の連休は最大のイベント時期で、昨年は念願の飯豊山へ、一昨年は甲斐駒ヶ岳に登っていました。しかしまあ、致し方ないです。今年は高尾山か雲取山に行こうと思っていますが、東京発着ができないキャンペーンとかあるとかないとかだから激混みかなのかな、と予想。そうするといつもの外秩父マイナーコースかな。。

f:id:tullysuzuki:20200718162710j:plain

さて、本日はいつもののように突然ver 3.40が降ってきました。あれ?3.30は?そう思った方は鋭いです。実は5月に降ってきていたのですが、Update情報がなかったのでスルーしました。よって一つ飛んでしまいました。もっとも今回と共にマイナーバージョンアップなので目玉の内容はなさそうです。

f:id:tullysuzuki:20200718162750j:plain

こちらがUpdate内容です。相変わらず解像度が低い英語ページForumなので、テキストを起こしました。余談ですが、Microsoft Office365に入っているOneNoteに画像を張り付けて右クリックしてOCRすると、英数文字ならばかなりの確率で自動的に文字起こしができます。超長いテキストの羅列を打ち込む必要がある場合には結構使えます。

1.Fix hydration goal display issue

うむ、何か不具合ありました?ゴール表示って元からありましたかね?覚えていない。。

f:id:tullysuzuki:20200718164102j:plain

2.OHR improvement

これはOptical HR for Swim、すなわちGARMIN Swim2に搭載された水中用光学式心拍計の事だと思うのですが、プールでは時計しちゃいけないらしいし、水泳は得意でもないので興味がなく、だれかに教えてほしいです。といってもみなさん似たような状況だと思いますが。

それにしてもこのSwim機能と言い、パルスオキシメーターと言い、慣習とか法律とかのおかげで日本では使えない機能が多く、とても残念です。

3.Improve system stability

今回の安定性向上は何でしょうね。Bluetoothが相変わらずいけてないぐらいしか思いつきませんが、少し様子をみてみます。

という事で、目玉となる機能や改善は今のところ特になく、すでに前回のアップデートまでにバッテリー持続時間を初めとしてかなり改善しているので、引き続き普段使い用としては満足していますが、高度計と気圧計が表示できなかったり、ウオッチフェイスのカスタマイズがショボすぎるためGARMIN ForeAthlete 945SUUNTO7の購入を考えていましたが、今年はトレランレースも長距離登山も行かないのでまだ先で良いかな、というところです。

vivomove styleの先進的なダッシュボード表示に惚れ込んで買ったのに、見た目のカスタマイズがほとんどできないし、ウィジットに表示できるデータも一定のものしか選べないというセンスのなさに驚きます。少なくとも山で使う事は全く想定も経験もテストもしていない事はわかります。残念ですが。

正直言うと、ほぼ在宅での勤務だし、ソーシャルディスタンスを取ると時計を見せる機会は全くと言っていいほどなく、機能的にどれだけ盛り込んであって自己満足できるかが、コロナ時代には時計に必要な条件ですから、945やsuunto7を買って普段使いにしても良いと思っていたりします。まあ、大きくて邪魔ではあるのですが(笑)

 

 

あー、キャンプ登山に行きたいです。飯豊連峰、朝日連峰、東北の山に行きたい。

f:id:tullysuzuki:20200718162852j:plain

日本語ページはまだ3.30。5/21だったようです。という事は、私がver3.20の記事を書いた6日後、更新版を書いた3日後ですね。なにか、きっとあったんでしょう。(笑)