たりぃさんの山旅

山旅を愛するたりぃさんが超軽量の道具とITガジェットを使って奥深い山域を旅します。

vivomove styleが突然お亡くなりに。。。絶句

f:id:tullysuzuki:20201101171127j:plain

タイトルの通りなのです。

ある日突然同期しなくなり、スワイプしてももっさり表示が切り替わり、ハングアップするようになってしまいました。それも、ちょうど保証期間が切れた1年後に。。。

f:id:tullysuzuki:20201101171157p:plain

相変わらず最低レベルのGarminサポートはほとんど頼りにならず、完全なハードウエア故障だと思います。わずか1年で壊れるとは。。。

f:id:tullysuzuki:20201101171235j:plain

サポートの言う通りリセットしてみた。

f:id:tullysuzuki:20201101171255p:plain

こんな画面で再起動を繰り返す、vivomove style

f:id:tullysuzuki:20201101171321j:plain

そこで予備にとっておいた2年前のVivomove HRを取り出してみると、こちらはうんともすんとも言わないレベルでお亡くなりに。。。ないわー。

f:id:tullysuzuki:20201101171341j:plain

しかしながら、僕には3年半前に買ったvivosmart HRJがまだあるのです。しかし3年半前だからどうかな~?と思いましたが、こちらはなんの問題もなく動作。しかもあの感動したサクサクした動きに改めて感動。ちょっと充電時間が長くなったかな、というぐらい。いやー、やはりもう一つvivosmart HRJを買っておくべきだったかな。

vivomove HRJと、vivomove style&vivosmart3以降って絶対設計者が違うと思うんですよね。IT屋が作ったデバイスとブランドデザイン屋が作ったぐらい違いを感じます。ForeathleteとFenixと似たような流れなのかな。見た目重視で作っちゃうとなんかいろいろ間違えちゃうよね。技術や体験も大事です。要は作り手のバランスが大事。

 

予備がなくなったから何か買わないとなぁ。ランニングウオッチは電池持ちが悪いから要らないし、そもそもEPSONのSF210がまだ動くから大丈夫。心拍だけ取れて電池持ちが50時間ぐらいのものが欲しいなあ。それか、MagSafeのような充電装置つけてくれないかなあ。 

やはりここはsuunto7かなあ。

という事で、約1年間、Garmin vivomove styleネタでブログを更新してきましたが、今回で最後になります。もう次期モデルが出そうですし、アップデートも大物はなくなりましたから、機能アップも期待できませんが、壊れなければずっと使っていたかったです。残念です。

GARMIN vivomove Style Black Pepper Nylon / Slate 010-02240-73

GARMIN vivomove Style Black Pepper Nylon / Slate 010-02240-73

  • 発売日: 2019/10/16
  • メディア: スポーツ用品
 

 

f:id:tullysuzuki:20201101171443j:plain

全然関係ないカメラネタですが、いま、これが一番欲しいです!

ソニー 世界最小最軽量フルサイズミラーレス一眼 α7C ボディ シルバー ILCE-7C S

このサイズ、このデザインでフルサイズセンサーですよ!こういうのはAPS-Cの得意分野だったのに~!1インチセンサのRX0で満足していたのに~!キャー!!!

しかし高価すぎてどうにもこうにも手が出ません。どういう人が買うんだろう。

これ買って、RX1とかα6000とか手放す人がいたら中古でそれを狙おうかな。レンズ交換とかできなくてもいいんですよね。むしろないほうが良い。どんどんレンズが欲しくなるから。

トレイルランには全く不要なんですが、ファストパッキング登山するとなると話は別なんですよね。むしろこれが主役になる。