たりぃさんの山旅

山旅を愛するたりぃさんが超軽量の道具とデジタルガジェットを使って奥深い山域を旅します

Garminの血中酸素測定機能がついにリリース!

やっとGarminウオッチに血中酸素トラッキング機能が来ましたね。英語だとパルスオキシメーター(pulse oximeter) ですね。2年ぐらい前、そう、随分と前からハードウエアとしてはSpO2センサーが搭載されていましたが、日本に入ってくると薬事法とかの制限から許可されずにソフトウエア的に無効にされていた機能ですが、本日2021/04/06、とうとう対応が発表されました。4月下旬以降とのことですが、アプデが突然降ってくるんだと思います。良いですね~。 

上記の記事によると、「診断を目的としない、非医療機器の扱いとして」認可されたらしいです。最初からそれでよかったんじゃね?(4/7追記)

  Vivomove styleのパルスオキシメーターが死んでいる話は上記記事でも触れました。今はまだ、一番上の記事の写真のように赤色LEDは点灯しておらず、緑色LEDのみが光っています。

この技術は日本人が発明したんですよね。やっと故郷に帰ってきましたね。しかし私のVivomove styleは昨年11月に壊れてしまったし、今使っている4年も前のvivosmart hrjにはパルスオキシメーターがついていないのです。これは今が買い時なのかもしれません。

対応機種は以下の通り、だそうです。迷うなぁ。大きいのやバッテリー持たないのはいらないしなぁ。

血中酸素トラッキング対応機種は以下の通り(4月6日時点)

  • ForeAthlete 945/745/245 シリーズ
  • VENU/VENU SQ シリーズ
  • vivoactive 4/4S シリーズ
  • Legacy シリーズ
  • vivomove 3/3S シリーズ
  • vivomove Style/Luxe シリーズ
  • vivosmart 4
  • Approach S62
  • MARQ
  • fenix 6 シリーズ
  • Quatix 6X
  • Enduro シリーズ
  • fenix 5X Plus
  • Instinct Dual Power シリーズ
  • Descent Mk2/Mk2i
  • Lily シリーズ
ガーミン Instinct Dual Power Graphite 小

ガーミン Instinct Dual Power Graphite 小

  • 発売日: 2020/07/16
  • メディア: スポーツ用品
 

 今ならコレが一番良さそう。小さくシンプルでバッテリーが持つのが素敵。