たりぃさんの山旅

山旅を愛するたりぃさんが超軽量の道具とITガジェットを使って奥深い山域を旅します。

甲斐駒ケ岳キャンプ登山④食料を詰め込みます!

さて、前々回紹介したUltimate directionのfastpack25&30に、前回紹介した軽量寝具や食料を詰め込みます。

f:id:tullysuzuki:20181022214729j:image

これらを寝具、バーナー、食料の順で入れていきます。行動食はサイドポケットに、アウターや座布団はバックポケットに。
f:id:tullysuzuki:20181022214726j:image

ロールトップはかなりパンパンですが、私の食料は何とか入りました。しかし、冷凍してあるたっぷりのラム肉/カルビ肉/ステーキ肉などが、まだまったく入っていません。やはり、一泊とは違ってフリーズドライものが予想以上にかさ張ります。

f:id:tullysuzuki:20181022214854j:image

こちらは、ほぼ私と同量の息子のザックの中身。

f:id:tullysuzuki:20181022155337j:image

もちろん入るはずがなく、ロールトップをギリギリに使ってもかなり溢れている状態です。。左側のフロントザック5Lを使っても肉が入りません。さて、どうやって外付けしようか。ウレタンマットとかシュラフカバーは小型化したので外付けには向かないし、やはり食料を外付けかな?そうすれば1日目だけ担ぎ上げれば、後は食べて取り外して畳めばいい。そうそう、入っていない肉は冷凍肉だから、ソフトクーラーバックに入れるわけです。

f:id:tullysuzuki:20181022220513j:image

ビール買うと入っていたりするコレとか、子供の運動会の時に持って行っていたのがたくさんありますよ。おお、これをベルクロで縛れば外付けできるんじゃないか?

f:id:tullysuzuki:20181022214932j:image

という事で、ベルクロで縛り上げてみました!ちょっと見ないスタイルだけど、これで標高2,000mで美味しい肉が食べられますね!実はUltimate Direction fastpack 25&30は上から下まで登山ザック同様のループがたくさんついているので、いかようにも縛り上げることが出来るのです。30は赤のライン、25は黄色のラインがそれです。もう、古くて重い登山ザックの出番なしは確定的ですねぇ。The North Faceの40Lをもう20年も使ったからいいじゃないですかね、お疲れ様でした。

 

さて、時間を有効に使うために、金曜の夜中に出発して高速道路を進みます。中央道を走っている時、バーベキュー楽しみだなあ、何から焼こうかな、足りるかな?などと息子と話していたら、突然気がついた!あ!冷凍肉詰め込むの忘れた。。。orz なんてこった。これじゃあ行く意味がない!(汗

 

肉を忘れたことに気が付きましたが、もうすぐ山梨県の辺りだったので何か肉を調達することにします。黒戸尾根のある山梨県の西部は田舎ですが、コンビニはあります。まず、セブンに寄って見ますが、冷凍品はありませんでした。仕方ないので少し車を走らせてローソンに来ました。ここでは冷凍肉はあったものの、ホルモン鍋のみ。。BBQとは程遠い。これは困ったな。深夜にスーパー開いてないし。。肉を焼かないという選択枠はないし。。。と店内をウロウロしていると、チルドコーナーにおいしそうな肉がたくさんあるじゃないですか!

f:id:tullysuzuki:20181026234645j:image

豚バラに豚トロ、宮崎地鶏焼きに美味しそうなデミグラスハンバーグ!しかも高級シリーズのハンバーグに半額ステッカー。素敵(笑)保冷剤があればチルドでも何とかなるから、凍らせて売っているペットボトルを購入して緊急用の水代わりにしてソフトクーラーバックに一緒に詰め込みました!助かった!これで山上BBQ計画が実行できそうです!

 

さて、これで準備は万端です!チルド肉の結果評価は山の上編で綴ります。

 

次回⑤では、いよいよ黒戸尾根を登って甲斐駒ヶ岳へ登ります!  

tullysuzuki.hatenablog.com甲斐駒ヶ岳キャンプ登山の先頭記事はこちらからどうぞ。 

tullysuzuki.hatenablog.com